神戸大学

こうべだいがく The University of Kobe

神戸大学を目指すための英語学習法

神戸大学の英語の入試問題では、例年、長文問題が3題と英作文問題が1題が出題されます。特別難しい構造の文章が出題されるわけではありませんので、学校で扱うレベルの構文や熟語の知識をいかに正確に使うことができるかが重要になります。また長文も抽象度の高い評論文から小説・エッセイにいたるまで幅広いテーマが出題されています。なるべく早い段階から、単語・文法の知識を確立させ、過去問やそれと同レベルの問題に数多く取り組むことが重要であると言えます。

また、英作文は、和文英訳問題が出題される年もあれば、自由英作文が出題される年もあり、その2つを合わせた問題が出題される年もあります。そのため、テーマ英作文と和文英作のどちらとも対策をしておく必要があります。ただし、こちらも基本レベルの問題の出題が多いので、かなり難解な問題を時間をかけて取り組む勉強よりも、いかに速く正確に基本問題を解くことができるかを追求した勉強が有効であると言えます。

【本部所在地】 〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
【キャンパス】六甲台    〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
深江    〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5-1-1
楠    〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1
名谷    〒654-0142 神戸市須磨区友が丘7-10-2

教室は阪急西宮北口駅からすぐ、毎日22:30まで開いています